クレアチンは効果なし?!【実際に検証】

この記事では

「クレアチンって実際どうなの?」

「クレアチンのメリットは?」

「クレアチンの摂取タイミングは?」

 

などクレアチンに関して感じている疑問を

リアルな感想で解決していきたいと思います!

この記事で得られるもの

  • クレアチンとはなにか?
  • クレアチンのメリット
  • クレアチンの摂取タイミング
  • クレアチンの摂取方法

 

クレアチンとはエネルギー源

 

 

簡単にクレアチンを説明しますと

筋肉を動かすエネルギーです。

筋肉の収縮など生命活動で利用されるエネルギーの貯蔵・利用にかかわる。
「生体のエネルギー通貨」と呼ばれる。

出典元:アデノシン三リン酸 / ATP | e-ヘルスネット(厚生労働省)

こんな感じで定義されているみたいです。笑

細かいことを話すとキリがないのですが

瞬発的な動作の求められる

短時間高強度の運動のエネルギー

になります。

クレアチン摂取によるメリットは

 

  • 筋肉のエネルギーとなる
  • 高強度運動のパフォーマンス向上
  • 筋肉疲労の回復力向上

 

これだけでもかなりのメリットと言えるでしょう。

特に筋トレにおいては

パフォーマンスの向上は

筋肥大を効率的におこなう上では欠かせません。

まとめると

追い込むためのエネルギーをくれる

って感じですかね。

クレアチンの摂取タイミング

 

 

様々な文献・記事を調べた結果

クレアチンは運動後に摂取する

これがわたしの結論です。

運動後などにプロテインを摂取している方は

糖質などとクレアチンをとると

インスリンが糖質とともにクレアチンを運んでくれるそうなので

より効率がいい摂取の方法といわれています。

摂取量

 

 

摂取量は1日に5グラム

通常は運動後に5グラム

これが基本のようですね。

 

ただし、ローディングという考えもあり

目的の日に向けて

体内のクレアチン量を最大にする摂取の方法もあり

1週間の間、1日5グラムを4回摂取し

目的の日に体内のクレアチン量を
最大化していくようです。

このような摂取の方法もあるそうです。

実際に使用した感想

 

 

さて、ここがいちばん大切だと思いますが。

実際に使用してみた感想です。

まとめますと

 

メリットはこちら

  • 筋トレの粘りがでる
  • 重量が上がった
  • 動こうって気持ちになる

デメリットはこちら

  • 効果がわかりにくい
  • 足がつった

 

クレアチンを摂取した感想です。

 

正直、わかりにくい。笑

 

でもですね!

確かに後から考えれば

重量や回数はあがりました!
(単純な継続によるもの…?笑)

 

あと、他の運動中に足がつりました。

(いままでつったことはなかった)

 

完全に人生初体験でした。笑

クレアチンは水分を引き込む効果があるそうなので

その効果で足がつりやすくなるそうです。

これは逆にいえば、きいてたのかなって思います。
(これは…どうなんでしょう?笑)

結論・まとめ

 

結論としては

のんでもいいのかなと

理由は

  • 特に悪影響があったわけではない
  • 気持ちの問題

 

こんなかんじで

目に見えて悪影響があるわけでもなく

摂取しているから頑張ろうって気持ちも正直あるので

飲んでもいいのかなって思います。

飲むのにもそこまで手間になるわけではないので

筋トレのパフォーマンスをあげたいって人は

摂取してもいいのかなと思いました!

 

この記事が皆さんの役に立てば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました