冬はプロテインを温めて飲もう!作り方やメリットを解説!【ホットプロテイン】

冬は寒くてプロテインが飲みにくい。

そう思っている方もいると思います。

COJI
COJI

わたしはそうです。

そもそもプロテインって温めて飲んでいいの?

その答えはOKです。むしろメリットもあります。

この記事ではわたしが実践しているホットプロテインのメリットや作り方を解説していきます!

プロテインって温めていいの?


プロテインは温めてのんでいいのか?
ですが、答えはOKです。

むしろ、温めて飲むメリットもあるので
解説していきます。

ホットプロテインのメリット

ホットプロテインのメリットを解説していきます。

冬に飲みやすくなる

冬はプロテインを冷たい牛乳や水で飲むのは結構辛い。笑

そこで、ホットプロテインですよ。
あったかいんで無理する感じはなくなります。

今日は冷たいものを飲みたくないと思っている日にはいいですよ!

わたしは朝やトレーニング後にプロテインを飲むのを推奨してるんですが
特に朝なんかはホットプロテインが飲みやすいと思います。

ちなみに、プロテインの摂取タイミングなどについてはこちらを参考に。

腸に優しい

白湯を飲むといいっていうのは聞いたことあると思いますが。
その理由は、飲みもの(白湯)によっての深部温度の上昇です。
深部温度の上昇は結果として

  • 内臓機能の活発化
  • 血流の促進
  • 代謝の上昇

などを促してくれます。

つまり、なにが言いたいのかというと
ホットプロテインは温かいという点では白湯と同じであり
腸にも優しく、且つたんぱく質も摂取できるということです。

白湯とプロテインのいいとこどりですね!

ホットプロテインの作り方


これは完全にわたし独自の作り方なのですが!

  1. お湯を沸かす
  2. 規定量の半分の牛乳もしくは豆乳、水などをシェイカーに入れる
  3. 残りの半分をお湯に置き換える

あとは普通に飲めばOKです!
規定量は皆さんの持っているプロテインの量に従ってください!

ポイントは熱すぎるお湯や牛乳は使わないこと!です。

なぜなら、後の注意点でも言いますが
お湯が熱すぎると、ダマなどができやすくなり
プロテインが飲みにくくなります。

それを防ぐためにも
先に牛乳や豆乳などの冷たいものをシェイカーに入れておき、お湯で割る方法を推奨しています。
これでだいぶ変わります。

ホットプロテインの注意点は飲みにくさ


先ほども少し触れましたが
プロテインを温めることによる注意点は

飲みにくくなる点です。

たんぱく質は熱によって熱変性を起こします
つまり、ダマになりやすくなってしまうのです。

ダマがあると飲みにくくなりますよね!

大体、80℃前後から熱変性を起こすといわれていますので
沸騰したお湯で直接溶かすことは避けましょう!

これだけでも対策になります。

なので、ホットプロテインを作る際は高すぎない温度で作りましょう!

 

COJI
COJI

熱すぎても飲みにくいからね!

ホット向きのプロテイン


ここで、個人的なホット向きのおすすめプロテインをまとめました。

マイプロテイン ミルクティー味!

マイプロのミルクティー味これはおすすめです。
考えてみてください、ミルクティーってホットで飲むこともありますよね?
だから温めたときに全然違和感ないです。

イギリス発のブランドということもあり
本格的な紅茶の国のミルクティーが味わえます!

ちなみに、マイプロテインセール情報などはこちらから↓


Gold Standard ダブルリッチチョコ味

ホットチョコがあるくらいなので味の想像はしやすいと思います。
個人的にはチョコ間のより強いダブルリッチチョコをおすすめします。
ほんとにホットチョコ感覚でプロテインを飲めます。

しかも、このゴールドスタンダートのプロテインは
わたしの試した中では非常に溶けやすく
ホットプロテインとの相性がいいです!

まとめ

寒い冬のトレーニーの味方はホットプロテインです。
寒いからプロテインが飲みにくいという状況を変えてくれます。
少しでも自分が楽になる工夫をして、トレーニングライフを楽しく・快適に過ごしていきましょう!

この記事が皆様の役に立てば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました