社会人っていつ読書するの?社会人の1日を分析して見えてくる読書時間!!

BOOK

こんにちは!

読書大好きブロガーのCOJI(@COJIsan0611)です。

みなさん読書してますか?

社会人になると読書の時間が取れずに

読書した方がいいのは分かっているけどできない!

なんて状態の人、いると思います。

サラネコ
サラネコ

いると思います!

今回のこの記事では

  • 社会人っていつ読書してるの?
  • 読書の意味ってあるの?
  • 読書する時間が作れない・・・

 

そんな疑問や悩みを解決していきます。

先に結論をいいますが、重要なのは

読書の方法を変えて、いつでも読書できるようにすることです。

それではいってみましょう!

社会人が読書をする意味

読書には言い尽くせないほどのメリットがありますが、簡単にまとめていくと。

年収アップ

読書の時間と年収には相関性が見られます。

つまりは、年収が高い人は読書をしているということです。

逆にいえば、年収を上げたければ読書をすればいいのです。

100%上がるわけではないですが、上がる可能性は格段に上がります。

偉人の言葉を聴ける

本は偉人の言葉です。

先人が悩んだり、経験したりしたことを聴くことができるのです。

いまあなたが悩んでいるようなことは既に先人が経験しています。

偉人や先人のアドバイスを本を通じて聞きましょう。

未来を予測できる

未来を予測するには過去から学ぶしかありません。

過去に起きた出来事の傾向や法則性を読み解いた人にだけ、未来が見えてくるのです。

いまの時代を先んじている人は本を読んでいます。

本は未来を見せてくれます。

文章力が身につく

文章にたくさん触れることによって、自分の文章も変わってきます。

本を読むことは文章を書く練習にもなるということです。

なので、文章を書くのが苦手な人こそ、本を読むべきなのです。

理論的思考が身につく

本を読むことによって理論的思考が身につきます。

本を読んでいる間、内容を理解するために脳がフル回転します。

理論的思考の元は本にあります。

取捨選択ができるようになる

本を読んでいくと、必要な情報とそうでない情報が出てきます。

そうなると自然と取捨選択しなければなりません。

効率的な読書を目指すことは、上手な取捨選択の練習にもなります。

精神的に安定する

精神的な安定は自分の思考を理解することからはじまります。

本の内容に合わせて自分を理解することにより、精神的な安定が手に入ります。

精神の安定が欲しい人こそ、本を読んでみて下さい。

イノベーションの種になる

柔軟な発想は複数の分野を飛び越えた発想が元になります。

いろんな分野を学ぶためには本が重要になってきます。

革新的な考えを持った経営者などは読書を発想の種にしているケースが多いです。

いつ読書してるの?

社会人の平均読書時間は20代男性で約39分です。

引用:honto

その39分はどこで捻出しているのでしょうか?

どこで読書しているのか?

という質問に対して、ほとんどの人が部屋やリビングと回答しています。

引用:honto

その統計をもとに社会人がどこで読書をしているのかというと

仕事終わりに自宅で

というケースがほとんどだということです。

読書時間をどうつくるか?

仕事で疲れて家に帰ってきてから読書は大変・・・。

なんて方もいるとおもいます。

わたしもそうでした。

仕事終わりに読書をするのは意外と大変なものです。

ここからは一般的な社会人の1日を想定して

どう読書時間を作るか!を解説していきます。

Aさんの場合

引用:Wantedly

この場合だと21時半~24時がいわゆる自由時間となり。

読書できるタイミングになります。

ただし夕ご飯や、お風呂、次の日の準備など時間は限られてしまいそうですね。

出社時間と帰宅時間がみなさんと違うのかもしれませんが

大体の人が同じようなスケジュールで日々を過ごしているとおもいます。

ここからはこのスケジュールを例に読書時間をつくっていきます!

通勤時間を読書時間に

通勤時間は貴重な読書時間です。

例えば、本を持ち歩いて電車やバスの中で読んでもいいですし

持ち歩くのが大変だと感じる人は電子書籍に変えるのも1つの手です。

さらに、徒歩の場合は音声の読書などがおすすめです。

いわゆる、オーディブルサービスです。

このように通勤時間は読書時間に変えられるのです。

昼休みを読書時間に

昼休みの時間ですが

いまの時代はスマホ1台で読書ができる時代です。

昼休みなどの自由な時間は読書時間を作るチャンスです。

お昼にゆっくりと本を読みましょう。

就寝前

就寝前の時間を活用することによっても読書の時間を作ることができます。

実際の本でもいいですし、電子書籍やオーディオブックなどにすれば

スリープタイマー機能も付いているので就寝前に読書をすることができます。

いつではなく、読書の方法を変える

結論として重要なのはいつ読書をするのではなく

読書の方法を変えて、いつでも読書できるようにすることです。

わたしのおすすめの方法は、先ほどからも触れていますが

  • 電子書籍
  • オーディオブック

 

これらの二つの方法にすることによって、格段に効率よく読書することができ

読書を生活の一部に溶け込ませることができます。

わたしのおすすめは安定の最大手であるアマゾンのサービスです。

どちらも無料体験できるのでサクッと試してみて下さい!

まとめ

読書の時間は意識的に作っていかなければ増えていきません。

社会人の1日を分解して、いつ読書時間を作ることができるのか?

そして、どうやって作っていくのか?に関して一緒に考えていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました